土日祝と休日でも融資可能な消費者金融

即日で融資を受けすぐにお金がほしい時や、急な出費でキャッシングを利用したい時に多くの人が利用するのが消費者金融だと思います。しかし普段仕事をしたりしていると時間がなかなかとれず時間がつくれたとしても土日祝日などの休日しかないと言う人がほとんどだと思います。そんな時に利用をおすすめしたいのが大手の消費者金融です。

最近はネットの広告だけでなく、テレビCMなどでも宣伝していてとても身近に感じられるようになっています。そんなテレビCMでもお馴染みの大手消費者金融金融ならだいたいのところが土日祝日であっても融資が可能になっています。現金がすぐに手に入るだけでなく、初めての利用であっても契約や審査についても専属のオペレーターが対応してくれるところばかりです。なので仕事の休みが土日しかない人などであっても随時審査を受け融資を受けることが可能になっています。

土日祝日にも審査や融資が可能な消費者金融については、各消費者金融のホームページで確認が可能です。また消費者金融の種類によっては無人の契約機を設置しているところもあり店舗に直接出向かなくても融資が受けられるところもあるので自分の休日につくれる時間に応じていろいろなところから自分にあったところを選ぶことができおすすめです。

無利息は初めての方限度

キャッシングの金利は、年20%以上を超えると刑罰処罰の対象になります。

10万円未満の場合は年20%、10万円以上100万円未満なら年18%、100万円以上の融資なら年15%と上限が定められています。

返済期間が長いと利息が増えます。

月々の支払額が少なくて返済期間が長引くと、それだけ支払う金額も増えてしまいます。

20万円を年18%で30日後に一括払いしたら利息は2,959円で済むのに、月々1万円ずつ支払っていたらどうなるのでしょうか。

シミュレーションしてみると、以下の通りになりました。

返済期間:24ヶ月

利息合計:39,554円

返済合計:239,554円

つまり、30日間借りた場合と3万円以上も差が出てくるのです。

元金の額が増えれば、またさらに利息は増えます。

それでは無利息キャッシングの場合はどうでしょうか。

近頃、無利息期間を設けるキャッシング商品をよく見かけます。

無利息キャッシングとは、ある一定期間無利息にするサービスがついているキャッシングのことです。

非常にお得に思えるのですが、果たして本当に特になるのでしょうか。

無利息キャンペーンは、初めての利用者限定で行うサービスです。

ですから過去に利用があって完済したことがある人は、無利息が適用されません。

本当にお得になるのは、短期間で利用する人です。

とことん安心が売りの静岡銀行カードローン

静岡銀行は静岡でナンバーワンの地銀、信金であります。その静岡銀行カードローンの特徴大きく4つ紹介していきたいと思います。

その前に静岡銀行カードローンってちょっと名前が長いですよね。実はセレカと言う呼びやすいおしゃれな名前がついてます。

そんなセレカを初めにドーンと紹介したいのが、年収の低い、主婦やアルバイト、契約社員でも安心して、お申し込みが可能となっております。

これは心強いです。私もかつてアルバイトで生計を立ててましたが、苦しい時が多かった経験がありますので、そんな時心強いですね。

次に紹介したいのが、静岡銀行ならではの安心の金利、年利4.0~14.5%となっております。金利は毎日コツコツと積み重なるのでお金を借りる時は一番の念頭におきたいところです。

さらに、第三番目に紹介する安心は利用限度額であれば、何度でも千円から借り入れが可能であるります。財布の中にお金を足し忘れた時なんかは、ありがたい味方になります。

最後に大手銀行ならではの安心です。なんと、お申し込み、年会費、入会金は全て無料になってます。無料なら申し込みしておいた方が完全にお得感あります。

さて、紹介の最後になりますが、捕捉です。

静岡銀行は静岡のイメージ強いですが、東京や神奈川、名古屋、大阪いずれもカバーしてます。

パートアルバイトのキャッシング審査

正規雇用でもアルバイトで働いている人でも急な出費が重なってしまうと給料が足りなくなってしまう場合があるのは同じことですよね。

正規雇用で働く人とアルバイトで働く人が同じようにカードローンの申込みをした場合に、やはり審査状況は異なるのが現状のようです。

そもそも、アルバイトで働く人はカードローンを利用できるのでしょうか?

原則としてアルバイト勤務の人でもカードローンの利用は可能です。

正規雇用に比べると一般的に収入が少なかったり定職についていないというイメージによりどうしてもカードローン会社の信用度が下がってしまうのが現実なのです。

アルバイトの人がカードローンを使用したい場合には、まずこの信用度を上げることが必要です。

安定した収入が継続的にあるということを証明する方法が最も効果的です。

具体的には、ひと月の中にある程度の勤務日数があることを前提に、一つ以上の職場で6カ月以上継続して勤務していることが必要です。

この条件さえクリアしてしまえば信用度が下がることもなくカードローン審査も問題なく通ることができます。

アルバイトの場合も借り入れは年収の3分の1までこのことを理解した上で、もうひとつ注意すべきことは『借り入れ可能限度額』についてです。

総量規制という法律により「借り入れは年収の3分の1を限度とする」と決められました。

これは正規雇用で働く人もアルバイトで働く人も等しく年収の3分の1までの借り入れが限度となります。

借金をした債務者が返済不能に陥らないための法律なのです。

自分が借りられる金額というのが決まってくるのです。

つまりカードローンでまとまった金額を借り入れるためには、アルバイトの人はそれなりに稼ぐ必要があるということです。