総量規制と対象外のカードローンについて

総量規制とは、個人でお金を借りる際に年収の3分の1までしか借入をすることができないという決まりのことです。個人からお金を借りたいという申し込みを受け付けた際、貸付をする業者は個人信用情報を使用して他の金融会社から借入がないかということを調べます。

この規制ができたことによって、収入がない専業主婦などは消費者金融からお金を借りることができなくなりましたが、総量規制対象外のカードローンもあります。それは、銀行のカードローンです。ただ、銀行系カードローンは総量規制外にはなりますが多少審査基準が厳しくなるので、その点には注意が必要です。

銀行系カードローンのメリットとしては、総量規制対象外である以外にも、金利が低い、借入限度額が高いなどが挙げられます。専業主婦でなくても、年収が低いので希望の金額を消費者金融では借りることができなかったという人もいると思います。そういった人には銀行系カードローンの利用をおすすめします。

借入限度額が少ない消費者金融から少しずつ頻繁にお金を借りるよりも、銀行のカードローンでまとまったお金を借りたほうが返済する際に、総支払額が少なくて済むということもあるので、あらかじめ計画して借りることが大切です。