カードローン申込後の審査の流れ

お金の融資といえば、カードローンだと思いますが、このカードローンは、申込をすれば誰でも借りれる訳ではありません。

申込後に審査があってそれが、通過出来て融資をして貰えるものであります。そのカードローンの審査の流れは、まず初めに、与信と言うものがあります。

この与信と言うのは、家の住所や、勤めている勤務先への確認などがあり、自分の事を解って貰えるような自己紹介を認識して貰っている状態になるでしょう。お金を融資する人に返済出来る能力があるのかどうかを確認します。

そして与信を通れば審査になり、審査の方では、過去の金融機関での借入状況の情報を確認します。

これは、金融機関の情報機関で確認が取れます。今、他社で何件くらい、どれくらいの借入をしているのか、そして過去にも、借入した時に、返済を延滞していたり、返済出来ずに債務整理したりなど、何らかの金融機関との取引で事故があったり、スムーズに行かずに何らかトラブルが起きたりなどの情報をチェックされます。

このような審査は、早くて30~1時間くらいで確認されるでしょう。その時に他社で借入が無いか、他社で幾ら借入しているのなら、契約は幾らまでなら貸し出しできるのか、そして、勤務している年収の金額を考慮され、審査の時に、融資をする金額まで検討されるという流れになって来る事でしょう。

もしも、申込の時に、希望金額は少ないけれど、もっと貸し出しが可能なら、利用限度額はもっと借入出来ると口頭で伝えてくれますし、逆に、希望金額は多いのに、貸し出す金額がもっと少なくなるのなら、口頭で幾らまでなら融資できますと伝えてくれます。

そして、審査が終わって、融資が不可能だと断られる場合も出て来るでしょう。カードローンを申込をして与信や審査が終わると、借入出来るか出来ないか、幾ら借入できるのかと言うのが判明する流れになるのです。