パートアルバイトのキャッシング審査

正規雇用でもアルバイトで働いている人でも急な出費が重なってしまうと給料が足りなくなってしまう場合があるのは同じことですよね。

正規雇用で働く人とアルバイトで働く人が同じようにカードローンの申込みをした場合に、やはり審査状況は異なるのが現状のようです。

そもそも、アルバイトで働く人はカードローンを利用できるのでしょうか?

原則としてアルバイト勤務の人でもカードローンの利用は可能です。

正規雇用に比べると一般的に収入が少なかったり定職についていないというイメージによりどうしてもカードローン会社の信用度が下がってしまうのが現実なのです。

アルバイトの人がカードローンを使用したい場合には、まずこの信用度を上げることが必要です。

安定した収入が継続的にあるということを証明する方法が最も効果的です。

具体的には、ひと月の中にある程度の勤務日数があることを前提に、一つ以上の職場で6カ月以上継続して勤務していることが必要です。

この条件さえクリアしてしまえば信用度が下がることもなくカードローン審査も問題なく通ることができます。

アルバイトの場合も借り入れは年収の3分の1までこのことを理解した上で、もうひとつ注意すべきことは『借り入れ可能限度額』についてです。

総量規制という法律により「借り入れは年収の3分の1を限度とする」と決められました。

これは正規雇用で働く人もアルバイトで働く人も等しく年収の3分の1までの借り入れが限度となります。

借金をした債務者が返済不能に陥らないための法律なのです。

自分が借りられる金額というのが決まってくるのです。

つまりカードローンでまとまった金額を借り入れるためには、アルバイトの人はそれなりに稼ぐ必要があるということです。