残りのお金を取り分けておいて、いざという時に備えましょう

毎月、決められた金額の中でやり繰りするという人は多いでしょう。そして、月によっては、その金額から残金が出ることもあると思われます。こういった場合、それをすべて使ってしまう人と、封筒などに取り分けておくという人に分かれると思われます。
毎月、同じ金額でやり繰りしようと考えても、急に医療費が必要になったり、冠婚葬祭などでお金が必要になり、出費が多くなることがあります。このような時に、備えがあると心強いのです。毎月のやり繰りの残金が取り分けてあれば、そこから、必要な出費に充てることができるでしょう。
こういった予備資金がないと、貯蓄から無制限に引き出すことにもつながってしまいます。そして、気がついたら、蓄えがなくなっているということもあるのです。手元に予備資金を残すことができるように心がけるといいでしょう。
そのためには、毎月のやり繰りの予算は、少し余裕を持たせた方がいいと思われます。あまりにもきついやり繰りだと、反動で衝動買いなどをしてしまうことも考えられます。その上で、毎月、一定の金額を貯蓄にまわすようにするといいでしょう。モビット審査
また、家計簿などをつけてみて、自分のお金の使い方を振り返ってみるようにすると、効果的に節約ができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です