最近の政治について考える

最近の政治について考えてみました。

はっきり言わせてもらうと民主党もひどかったけど今の与党は同等かそれを上回るひどさだと思います。

国民のことを全く見ておらず海外のことばかり考えています。

消費税増税などで搾り取った税金はよその国に援助という形で簡単に膨大な金額を紙屑のようにばらまいています。

こんなひどい状態なのにマスコミは正確に伝えてくれないから退陣に追い込むことができていません。

集団的自衛権というこの国を戦争ができる状態にするということにご熱心ですが政治学者などがはっきりと違憲だと断言しています。

強制的に採決されてしまったらこの国はどうなってしまうのかがとても心配です。

消費税が8%にされてしまってから景気がよくなっているわけがないのですが株価が2万円を超えています。

これはわざと円安方向にもっていって自動車を輸出している会社などが儲かっているからだというのは経済に詳しくない素人でもわかっています。

なのにマスコミは株価が上昇したとか言って浮かれています。

円安に誘導されたせいで中小企業などが大変な思いをしています。

とにかく今の政権は1秒でも早く崩壊してほしいというのが今の一番の願いです。

早くまともな政治家が出てきてほしいです。在籍確認なしカードローン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です