日経平均急騰による景気の回復という風潮

日経平均株価は日本経済の景気回復を測る一つの指標によく上げられますが、これだけを取り上げて景気が回復したとか、回復基調だと触れ回る報道には疑問を持ちます。確かに株価は企業の業績を測る一つの物差しにはなるとは思いますが、株価は期待値で上がることが多くこの企業ならこれぐらいいくだろうとか、政権が緩和に舵を切ったからこうなるだろうという思惑と期待による上昇が多いと感じます。期待であって結果によっての上昇ではないのに、アベノミクスの成功について株価が上昇したから成功していますと論ずるのことには疑問が残ります。また、日経平均株価は上場企業から225社を抜き出して平均したもので、大企業ばかりの数値一部の企業の平均値になっているので、全体的株価の上がり下がりを見るのには便利ですが、日本の大多数を占める中小企業の業績に直結するものではありません。確かに、歯車の上部である大企業が動かなければ、歯車の中部下部である中小企業も回って行かないので話としては分かりますが、この日経平均株価の上昇だけを見て景気回復だ、成功だと論ずるのは間違いだと思います。ニュースは発進する側の意図に左右されることも多いので、受信する側の我々も必要最低限の知識は身につけて、情報の真偽を判断する力を身につけて行くべきだと感じます。プロミス 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です