幼児教育無償化を「こども保険」創設してやってはとの提言へとのニュースについて

自民党の若手議員で作る委員会で、教育の無償化等を子育て世代の負担にするため、新たに「こども保険」を創設するとの提案があったとの記事があります。これは子育て世代を支援するため、現在の公的年金の仕組みのように、働く人や企業から保険料を徴収し、保育、幼児教育の負担を減らす新たな社会保険制度の構想のようだとのことです。尚この構想には高等教育は含まれていないとのことです。
子育て世代を支援して幾らかでも少子高齢化を食い止めたい狙いがあるようですが、保険料ではなく税金を上げて、子供の為に税金を使ってもいいのではないかと思います。現在の福祉の予算は高齢者を対象としたものが中心になっていると言われています。そのため子供や、若者に対しての予算が少ないとのことです。高齢者が増えているので、致し方ない面があるのでしょうし、現在の財政状況だと福祉の予算を大幅に引き上げるのは無理でしょう。そのため増税は必要だと思います。
保険だと特定目的になり、またその保険料を徴収するのも人手がいると思います。増税をする前に行政改革をした無駄な経費を節約するのが先だと言っている人がいますが、保険料だとそのことに対して矛盾するのではないかと思います。消費税の税率を上げて人口減少に対処しても良いのではないかと思います。消費者金融 審査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です